結婚指輪のデザインはどんなものを選べばいいの?

納得いく物を選ぶ

結婚指輪結婚指輪を購入する際に気をつけておきたいのがアフターサービスです。保障期間の確認の他、サイズの調整やクリーニングなどがどのようになっているのか確認しておくと良いでしょう。購入した店舗によってはサイズ調整ができないところもあるため、特に結婚式前には時間の余裕を持って指輪をつくっておくことをおすすめします。

購入する際には指輪の素材によっても傷がつきやすいものや、サイズ調整が難しいものなどもあるため確認が必要です。純金やプラチナには劣化しにくいというメリットもありますが、やわらかいため余計な力を加えると曲がってしまう恐れもあります。

ダイヤモンド入りの指輪や凝った装飾の指輪を購入する場合には、硬いダイヤや指輪の装飾で赤ちゃんが怪我をする恐れもあり、育児中には外す必要が出てくることも考慮しておいたほうが良いでしょう。

結婚指輪のデザインは豊富にあり、店舗で実物を見たりインターネットなどで画像を見ているだけでも迷ってしまいます。予算やパートナーの好みなどもありますが、これからの結婚生活で長く身につける必要のあるアクセサリーだけあって、自分が気に入って納得できるものを選ぶのが一番です。お気に入りの一品を見つけたら大切に使いましょう。

基本のデザイン

結婚指輪のデザインで良く使われているパターンがいくつかあります。定番のデザインから指をきれいに見せるデザインなど、それぞれの特徴を知っておくと選ぶ時の参考になるでしょう。

指輪結婚指輪の定番で、男性からも人気が高いデザインがストレートです。真っ直ぐ1本の輪となっているデザインは、結婚指輪が持っている途切れることのない永遠の愛を象徴するのにふさわしいものです。シンプルで年齢や性別を問わないため、職場にもつけて行きやすいというのも人気の理由になっています。また、細めのデザインは女性の指をほっそりと見せる効果もあります。婚約指輪と重ねてつけやすいというメリットもあります。

指のラインに合わせて波打つようなデザインのウェーブはやわらかく優しい印象をもたらしてくれます。男性はシンプルなストレートのデザインにし、女性はウェーブを選ぶと2本の結婚指輪の対比によって女性らしさをより際立たせてくれます。

ダイヤモンドが入ったデザインでは、前面に敷き詰められているエタニティ指の外側のみにダイヤが入れられたハーフエタニティがあります。ダイヤモンドは硬度のある石とはいえ、普段家事をする時につけるのは抵抗があるという人もいますが、自分の気に入ったデザインの指輪を身につけたいという人や、婚約指輪なしで結婚指輪にこだわりたいとエタニティリングを選ぶ人もいます。このように結婚指輪のデザインは様々です。長く身に着けるものですので一番気に入っています。

関連HP→広島 結婚指輪

結婚指輪の相場

ダイヤダイヤモンドやパールなどの宝石をあしらったデザインで華やかな物も多い婚約指輪と異なり、結婚指輪は日常生活でも使いやすいシンプルなデザインのものが多いです。それにより、購入価格も婚約指輪と比べると抑えているというカップルが多いようです。

結婚指輪の予算は購入する地域や年代によって多少前後しますが、2人分で概ね20万円~25万円くらいが平均になります。男女のデザインで分けると、ダイヤモンドなどの宝石を付けるなど装飾が凝ったデザインが多い女性物の指輪の方がやや高くなるようです。

また、シンプルな結婚指輪だからこそ人と少し差をつけたいと考えるとセミオーダーフルオーダーで注文する方法もあります。セミオーダーはサンプルパターンから素材やデザインを好きに選び組み合わせるもので、1本あたりの相場は8万円~15万円程度と既製品を購入するのとほとんど変わらない金額で作ることができます。サンプルがあるため仕上がりのイメージをしやすいため作りやすいというのもメリットです。一方で、世界に1組しかないオリジナルのデザインで結婚指輪を作りたいという人にはフルオーダーで作る方法があります。価格は1本あたり10万円~35万円程度と幅広く、コンシェルジュやデザイナーと話し合いながらこだわりの1本を作ることができます。続いては、基本のデザインについて説明します。

結婚指輪は一度の物

これから結婚式を挙げるというカップルにとって、2人の婚姻の証である結婚指輪を選ぶのは楽しみなイベントの1つでもあります。しかし、婚約指輪と異なり、結婚指輪は日常生活でも常に身に付ける必要があるものです。それだけに、年を取ってからも身につけることができるデザインなのか、家事の邪魔になったりしないか、仕事や様々な場面で身につけていても違和感のない物かなど考慮しておきたいことが沢山出てきます。

女性結婚指輪はペアで作るものですが、必ずしも同じデザインで作る必要はありません。男性の指のラインと女性の指のラインによって似合う指輪も異なってきます。2人の好みが異なった為、結局妥協して選んだ物があまり好きになれなかったという失敗談もあるため、結局最終的には互いの好みのものを選ぶというのが一番です。

シンプルなデザインでは他の人のものと比べて見劣りがするのではないか、凝ったデザインにすると家事や育児をする時に邪魔になるのではないかなど、考え始めるときりがありませんが、長く使うものなのでデザインは気に入った物を優先的に選んだ方が良いという見方が多いようです。

多くの人が一生に一度の買い物となる結婚指輪は、それなりにお値段も張る品物です。当サイトでは、購入したもののどうも納得がいかない、やっぱりデザインが好みではないかもしれないなど結婚指輪選びで後悔しないポイントを紹介しています。これから2人の結婚指輪を購入しようと考えているカップルの方の参考になれば幸いです。